赤ちゃんに合わせて選ぶ|ベビー布団を選ぶ時はこだわろう|最低限のことをチェック

ベビー布団を選ぶ時はこだわろう|最低限のことをチェック

赤ちゃんに合わせて選ぶ

哺乳瓶

哺乳瓶でミルクや母乳を飲んでくれれば、母親のメリットがたくさんあります。まず病気をしても、薬を飲むことが出来ることです。母乳の場合は赤ちゃんに薬の成分が良くないということで強い薬を飲むことができません。次に赤ちゃんを人に預けておくことが出来ることです。母乳の場合は長時間預けることが難しいです。その点哺乳瓶で飲んでくれれば、人に預けてどこかに行くことができます。母親のリフレッシュも出来るので大変良いでしょう。最後に夜に寝たい時は父親に代わってもらうことができることです。母乳の場合は代わってもらうことはできませんが、哺乳瓶の場合は母親ではなく父親でも出来きます。このように母乳育児であっても、哺乳瓶を慣れさせておけばメリットは沢山あります。

哺乳瓶は色々な種類があります。哺乳瓶の本体の素材もガラス製とプラスチック製があります。新生児の時から使用する人が多いので、ガラス製のほうが人気があります。ガラス製はミルクの温度を冷ますのに時間がかかりません。それに劣化も少ないです。一日に何度も使用するのでガラス製のほうが便利です。ただし、割れる可能性があるので扱いには気をつけなくてはなりません。哺乳瓶の乳首も様々な種類があります。色々な素材や形状があります。赤ちゃんに合わせなくてはならないので、とても大変です。素材によって感触なども違うので色々種類を試してみる必要があります。成長によって違う吸い穴の大きさや形も様々です。もし哺乳瓶を使用する場合は出産した病院で聞いてみるのも良いでしょう。